夢占いとはどういったものか

どういったものか

正夢といった言葉があるように、夢は昔から予兆と考えられて来ました。何か悪いことが起こる前触れや、現実に影響する象徴と考えられてきました。そこで発達したのが夢占いです。夢の中に出てきたものを解釈し考察を深めることでそれが何の予兆なのか、どういったことを意味しているのかを解釈することで未来を予測しようというものが夢占いでした。
<夢占いの歴史>
夢占いは古くから多くの国で受け入れられており、文明が生まれると必ずといっていいほど夢占いが生まれました。日本でも古事記で既に夢占いが登場しいることからも古くから当たる占いとして親しまれていたようです。夢占いは近代に入り大きな転換点を向かえますが、それまでは吉兆の予測として考えられてきました。
<夢占いの転換点>
当たる占いとして親しまれてきた夢占いは1900年頃、大きな転換点を迎えることになります。ジーグムント・フロイトが発表した夢判断により、夢の分析は占いから学問へと変わったのです。フロイトは夢を学問的に分析し、シンボルの意味も新たに考えました。この分析方法などには批判も根強いものの、これまではあくまで当たる占いとして楽しまれてきたものを学問に発展させたのです。
<夢占いの欠点>
夢占いはこのように学問的な性質がある一方で、占いとしては欠点も抱えています。この占いの診断が当たるのはその人の夢にでるのは何か理由があり、出た物が象徴しているものがその理由だというものが基本的な考え方なのですが、そもそも物などに対する印象は人によって異なります。地域によって占いの内容が異なるように、文化圏の影響も大きく受けるので、誰かにとってよく当たる占いであっても他の人にとってはそうでもないかも知れませんし、全く違った物事の捉え方をしている場合もあります。そのため、万人に当たる占いではないという欠点を抱えています。

手相占いの一風変わった線

一風変わった線

路上などでも行われており、本屋に行けば必ずといっていいほど専門の本が販売されており手相占いは当たる占いとして一定の評価を得ています。そんな手相占いですが、当たる占いとして人気で広く知られていますが中には意外と知られていない変わった特徴もあります。そのひとつが変わった線です。
<ソロモンの環>
手相の名前とは思えない名称ですが、これはれっきとした手相のひとつです。人差し指の付け根の部分に下の方へ弧を描くような線がそれです。ソロモン王にあったとされることが由来でこう呼ばれています。かなり珍しい手相だそうです。他人を率いるカリスマやマネジメントに優れる手相で、現代なら社長のようなリーダーシップが必要な職業に適している資質だそうです。
<災害線>
手相の中でも誰もがあって欲しくないと思うのがこの災害線です。中指の下あたりから垂れ下がるように下へと伸びる線のことですが、これはなんと災害にあう予兆と言われています。災難にあう前の数年前にこれが生じるそうです。ただ災難にあうだけでなく死相でもあるので、死に近づいていることも表しています。普段は当たる占いを求めている人でもこればかりは当たって欲しくないでしょうし、占いを信じていなくても嫌な気分になってしまう厄介な線です。
<仏眼>
仏様の眼と書いてぶつげんと読むこの手相も名前に線がついておらず一見すると手相にも思えませんが、れっきとした手相の一種です。親指の第一関節の皺が眼のように見える場合は仏眼にあたります。その意味は霊感が強く特殊な能力があり、直感にも優れているとされる手相です。その名の通り仏様を意識するような特徴を持った手相です。こちらは当たって欲しい手相ですね。これらは当たる占いと評判であってもあくまで占いです。必ず占い当たるとは限りませんから、悪い相がでても気にしすぎないよう気をつけましょう。

あたるタロット占いを見つけるには

タロット占い

占いで一番大切なものと言えば、やはり当たることでしょう。確かに占いは当たるも八卦当たらぬも八卦と言うように、必ず当たる占いがあるというわけではありません。人気がある占いのひとつにタロット占いがあります。タロット占いは占いの中でも当たる占い師さんとそうでない方がある占いなので、当たる占い師さんを見つけなければなりません。
<タロット占いの基礎知識>
タロット占いの特徴としては占い師さんに個人情報を伝える必要がない点があります。やはりたとえ占い師さんだとしてもあまり知られたくないことがあるのでタロットの嬉しいポイントです。タロット占いは引いたタロットのカード内容から占い師さんがその意味や占って欲しい内容との関係を判断します。カードの意味はおおよそには決まっているのですが、細かな点や悩み事とどのように関係しているのかは誰かが考えなければなりません。
<占い師さんが重要な理由>
このように、タロット占いは誰がやるかによって大きく結果が変わります。占うこと自体はカードがあれば誰にでもできる非常に簡単なものですが、その結果は自分でするのとプロの占い師さんにお願いするのとでは全く違ったものにさえなります。当たる占いを必要としている場合は、タロット占いが上手な人にお願いするのが一番良いでしょう。初心者の方では占いの内容や引いたカードによっては、その解釈が難しかったり迷ってしまってなかなか上手くいかない場合もあります。
<誰でもできるタロット占い>
一方で、手軽さもタロット占いの魅力のひとつです。当たるか当たらないかはさておき、簡単に占う方法があります。例えばタロットカードをシャッフルして一枚引き、悩み事とそのカードの内容で占いの結果を考えるというものがあります。非常に手軽ですぐにできるので、わざわざ占いをしてもらいに行くほどでもないが簡単に占い当たるか試してみたいときに最適です。

占い師になるには?

占い師になる

占いを利用されておられる方の中には将来、自分が占いになって占いをしたいと考えられている方もおられるのではないでしょうか。占い師は確かに当たる占い師になれれば生活も楽ですし、スピリチュアルなどに興味がある方に最適な職業のひとつです。一方、多くの職業とは違った部分があります。それらを把握しておかなければ占い師としてうまくいかないかも知れません。
<仕事で占いをするということ>
趣味と仕事でははっちりと違うことがあります。不調が許されないということです。調子がいいときだけ当たる占いができるということではなく、常に一定のレベルで当たらなければなりません。そのため当たるように調子を整えたり維持していくということは重要です。占いの結果は他人の人生を左右するもの。仕事にするということはその責任を持っておかなければならないということです。
<アドバイスも占い師には不可欠>
占ったらそれで終わりではありません。それが当たる占いであるほど、アドバイスが重要になります。どんな占い結果が出たとしてもアドバイスがないというのでは、占われた方が困ってしまいます。節度を持って占い、お客さんに対して気配りをしたり望んでいないであろうことを言わなければならないときはフォローもしっかりするといったことを忘れてしまっては、お客さんが占いで不幸になりかねません。これをするには人生経験が重要になります。
<仕事にする上での倫理観も大切>
例えば占い師は他人の重要な秘密を知ってしまう機会というものがあります。占いのときに守秘義務の約束を交わさないかも知れませんが、これを言ってしまってはいくら当たる占いができても仕事として続けるのは厳しいでしょう。また、お店を持つなら最低限の経営を知る必要があります。占い師になるには当たる占いができるというだけでなく、人としての最低限の知識や心構えも必要です。

電話による占いってどんなもの?

どんなもの

年々増え続けているのが対面以外の占いです。その中でも古くからあり人気があるもののひとつが電話による占いです。あらかじめ占いの予約をしておいて電話をかけ、口で占って欲しいことを説明するのがこの占いです。欠点もあるものの、うまく使えばメリットの大きいとても便利になる占いです。
<電話による占いの利点>
この占いの最大のメリットは距離が関係なくなることです。よく当たる占い師は散らばって住んでいます。中にはとても行きにくい場所に住んでいることもありますし、依頼する側の環境の問題で頼みにくいということもあるでしょう。そんなときには電話での占いがとても便利になります。口頭での説明なら直接会う占いとそう変わりません。距離の問題をクリアして相談することができます。
<売らないときの注意点>
電話で占ってもらうときには注意点があります。ひとつはしっかりと説明することです。対面に比べると表情やボディーランゲージなどがない分、伝わりづらくなってしまいます。せっかくのよく当たる占い師さんでも説明不足では本当の力を発揮できないかも知れません。また、金額も注意が必要です。通常の占いのように一回ごとではなく、通話時間ごとに料金が設定されている場合があります。話し込んでいる間にとても高い金額になってしまうことがあるので、当たる占い師にいろんな話を聞いて欲しいと思っていても自制が必要です。
<電話による占いの難しいポイント>
電話相談ではどうしてもできない占いがあり、これらはよく当たる占いという評判を聞き占ってほしいと思っても実際に行くしかありません。例えば手相、人相といった相を見る占いです。また、タロットのような占いもカードが見えないと分かりにくいのであまり適していません。もちろん占いは直接見てもらえるのがベストなので、当たる占いと聞いてどうしても占ってほしいと思ったら実際に行くことが理想的です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ